ハッシュ衝突

ハッシュ衝突

ハッシュ関数で、異なる値から同じハッシュ値が生成されてしまうこと。署名や認証などに使用されている一方向ハッシュ関数ハッシュ衝突が起こる(起こされる)と、偽装やなりすましなどに悪用される可能性がある。MD5とSHA-0にはハッシュ衝突が引き起こされうる脆弱性があることが知られている。